賃貸物件と分譲物件

賃貸物件と分譲物件の違い

賃貸物件と分譲物件の違い

賃貸物件は、貸しに出されている物件であり、自分は借主となります。分譲物件はそれと違い、売りに出されている物件であるため、自分が所有者となります。いずれにも良い点がありますので、各人に適した住居を選ぶのが良いです。賃貸物件の良い点は、初期投資が少なくて済むという点です。毎月の賃料も収入がある人ならば払っていくことができます。分譲物件の良い点は、自分の財産になるという点です。自分が所有者なので、老朽化で住めなくならない限り一生住み続けることも可能です。その代わり、購入するには大きな資金が必要となります。

分譲住宅と賃貸住宅の性能

家は多くの人にとって人生最大の買い物であり、人生の目標の一つにしている人も少なくありません。一生モノの買い物となれば、値段ばかりでなく品質も重視しますが、賃貸の場合は、経営の視点=コストパフォーマンスも性能の一部です。たとえば防音性能など、こだわりの設備で価格が高くなれば、借りるときの家賃も高くなってしまいます。借家では、家賃が高くても完全な設備を求めるよりも、手ごろな価格で住みたい人が少なくありませんが、購入派の場合は、経済性よりも快適性が重視されます。借家の場合、分譲品質の住居が家主の転勤などの一時的な事情で貸し出されているものを分譲賃貸といって、快適な住み心地が評価されています。

↑PAGE TOP

Copyright © 賃貸物件と分譲物件の違い All rights reserved