賃貸でリスク管理

分譲と賃貸のリスクについて

分譲や新築と比較した賃貸の利点

賃貸物件の利点は、分譲住宅や新築住宅と比べると安く住める点です。もちろん、トータルで見ると購入したほうがコストが低い場合もありますが、購入するとなると資金をねん出しなければなりません。そして、その資金は借金で賄われます。そうなると、あとで収入が減ったときにも支払いを継続していかなくてはなりません。その点、賃貸は毎月の賃料さえ負担しておけばよく、適切な範囲に収めれば毎月の収入から支払っていく余裕があります。また、将来的に収入が低くなっても住み替えが簡単であるため、負担が軽い物件に引っ越しも可能です。

賃貸は分譲よりもリスクが低い

住居に賃貸を選ぶのは、分譲と比べるとリスクが低いという点で優れています。不動産の価格は高いため、自己資金で建てる余裕がある方は限られます。通常は銀行で住宅ローンを組んで建てて、将来にわたり返済をしていきます。長期間の返済になるため、途中で何か問題が生じた場合には返済ができなくなる恐れがあります。例えば、会社を首になるといったことや、病気で働くことができなくなったという場合です。その点、賃貸であれば、毎月の賃料は収入からでもなんとかなりますし、何かあったときには保険などで工面できます。つまり、リスクを抑える事が出来るのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸物件と分譲物件の違い All rights reserved