賃貸のメリットとは

賃貸と分譲の管理費の違い

賃貸は分譲よりも管理費が安い

賃貸物件は、分譲と比べると管理費が安いです。その理由は、管理費は複数の借主が共同して負担するものであるからです。分譲住宅は一人で住むのが一般的であるため、一人当たりの負担が重くなってしまいます。その点で、資金をかけたくない人に適しています。また、賃貸物件は、借り換えが簡単です。引っ越す場合も一定の負担をすれば契約が解除できますし、事前の告知期間前に告知をしておけば、解約費用を負担しなくても良いです。購入する場合は、ローンの返済なども考えると簡単に手放すこともできないため、引っ越しをするのも困難です。

分譲住宅のメリットについて

分譲住宅のメリットは、すべてデザインや土地の場所がすべて決まっているため、自分であれこれ考える必要がないという点です。価格には土地代などもすべて含まれているため、コストの計算もしやすいというメリットがあります。自分でデザインはできませんが、賃貸物件に住むことよりも自由に建物を利用できるため、悪くはない選択肢です。賃貸ならば、内装をいじることはできませんが、少なくとも自分の所有物である分譲は、購入後は自分で好きに回収していくこともできます。以上のメリットがあるため、住む家の選択肢としてはありうるものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸物件と分譲物件の違い All rights reserved